かなり K

ベガルタの観戦記ほか、思った事を適当に。

リーグ戦8試合勝ち星なし(山形戦)

20100717山形1

20100717山形2

J1リーグ 第13節 2010.07.17 山形戦(A)
NDソフトスタジアム山形 19:04キックオフ
1-3 完敗

試合記録


会場前、雷鳴と稲妻が光る空模様。
入場者の列には、建物や車内への避難の告知がされ、
開場時間も試合開始3時間前の予定から、約1時間半遅れる事となりました。

開場後も雨が降っていたが、試合開始になる頃には雨は小降りとなりました。

ほとんどのダンマク類を仙台から運び、
上下の柵はもちろん、左右の柵にも下地幕を張り付けJ1での初ダービーに備えました。

開場時間が遅かったこともあり、準備が終わると
すぐに選手のウォーミングアップ、試合開始となりました。


試合は、前半の試合開始早々、山形のミドルシュートがあっさり決まって、先制を許すが、
10分後には、滑りやすいピッチを利用した低い弾道の
リャンの技ありのFKが決まって同点。
そのまま、前半終了。

前半、仙台にチャンスは少なく、山形に押される印象でしたが、
ダービーらしく緊迫した展開でした。


ところが後半になると、仙台の粘り強い守備が崩壊。
サイドから崩され、危ない展開。
立て続けにあっさりと2失点してしまいました。
サイドの守備も後手に回り、中央の田代のマークも外してしまう。
田代もしっかり決めて、後半に突き放されました。

また、仙台は、後半に山形に得点を許すと、
すぐに中断期間中に加入したパクソンホを投入。

しかし、その後、仙台のサッカーは、おかしくなりました。
DFから中盤を飛ばして、ソンホヘ向けてのロングボールを蹴るだけの展開。
後半の30分間、ずっとパワープレーをしているだけになってしまいました。

これじゃなかなか点も取れないし、ツマラナイ。
パワープレーは試合終了間際で十分。
まだまだ時間もあったし、サイドからのクロス等、もっと工夫が欲しかった。

ダタでさえ、負けられない山形戦。
なのに、ただ、高いFWにDFから縦のボールを入れるだけの展開。
サポーターのフラストレーションは、貯まるだけの内容でした。
ベンチからの指示なのか、選手の判断か、連携不足か。
いずれにしても、がっかりな内容でした。



翌日、ユアスタではもうひとつのみちのくダービー。
ソニー仙台-ブラウブリッツ秋田の試合が行われていました。

が。。。
その脇で前日にびっしょり濡れたダンマクと帯の乾燥作業でした。
梅雨明けのものすごい暑さ。
あっという間に乾いたけど。
日焼けに大量の汗。
疲れました。


20100717山形3



スポンサーサイト

テーマ:ベガルタ仙台 - ジャンル:スポーツ

  1. 2010/07/19(月) 10:10:32|
  2. Vegalta Sendai
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<競り負け(新潟戦) | ホーム | 久々の岡山劇場(浦項戦)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://vegaltasendai.blog24.fc2.com/tb.php/358-3afb019b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

nor

Author:nor

専門家でもないので、間違い等あるかもしれません。 あしからず。

カウンター

現在の閲覧者数:

最近の記事

カテゴリー

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード