かなり K

ベガルタの観戦記ほか、思った事を適当に。

水戸で愛媛の借りを返す。(水戸戦)

水戸1

J2リーグ 第43節 2007.09.30 水戸戦(A)
日立市民運動公園陸上競技場 13:04キックオフ
0-1 勝利

試合記録

5:30 仙台某所発
ぼぼ全行程、爆睡のまま競技場に到着。
競技場は土砂降りで、風もあり寒い。
そして競技場はいつもの慣れた笠松ではなく、「日立市民運動公園陸上競技場」
正直、かなりしょぼいです。
びっくりしました。

メインスタンドにもほとんど屋根がなく、バックスタンドは急斜面の芝生。
もちろん、応援が始まれば泥だらけ。
水戸2
↑ドロドロのスタンド。滑る人多数。

水戸の運営もイマイチで、
仙台戦なのにこの会場、そしてチケットのモギリは一人、
冷たい雨の中、スタジアムに入る人の長蛇の列は続き、全然進まない。
トータル3000人程度の観客なのに、ワールドカップを思い出しました。
スタジアムに入っても、ほとんど雨を避ける場所もなく濡れ続けました。
雨よけのテントを用意してもらえれば最高でしたが、無理か。。。

試合は、主審北村の曖昧な判定、アンチ仙台の判定が続き、
前半34分、あっさりと2枚目のイエローで直樹が退場となりました。

しかし、数的有利となった水戸の攻撃もチグハグで前半は0-0で終了。

すると後半55分、ロペスのパスを中央の萬代が受けて、背後のリャンに絶妙のパス。
リャンの動き出しも絶妙で、パスが出た瞬間、決まったと思いました。
前節、愛媛にやられた事を水戸でやり返しました。
ゴール時のスタンドのテンションも最高潮。
この時は寒さを忘れました。
でも、得点時はかなりの密集で押され、足の骨が折れるかと思いました。
危なくピッチに落ちる所だったしね。

その後は、水戸も前線にボールを放り込み、そして、相変わらず続く北村の判定に
ゴール前でFKを与え、危ない場面もありましたが、全員で守りきり試合終了。

その後は、ホームジャックを果たした水戸のスタジアムで
選手と一緒に「シャンゼリゼ」でダンスとなりました。
その後は、岡山が貴重な決勝点を決めたリャンを捕まえて、選手と一緒にリャンコール。
これも盛り上がりました。

そんな中、メインスタンド側では主審北村にバックスタンドまで聞こえるブーイングでした。

J2の混戦具合、ここ最近で一番じゃないですかね。
ここ数年で一番面白い第4クール。
まだまだこれからです。

帰りは温泉で冷えきった体を暖めて帰仙。
これが無かったら、間違いなく風邪引いてました。



スポンサーサイト

テーマ:ベガルタ仙台 - ジャンル:スポーツ

  1. 2007/10/02(火) 23:29:56|
  2. Vegalta Sendai
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<Emperor's Cup(3回戦:順天堂大学戦) | ホーム | へこむ敗戦(愛媛戦)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://vegaltasendai.blog24.fc2.com/tb.php/228-9108a300
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

nor

Author:nor

専門家でもないので、間違い等あるかもしれません。 あしからず。

カウンター

現在の閲覧者数:

最近の記事

カテゴリー

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード