かなり K

ベガルタの観戦記ほか、思った事を適当に。

ホットライン開通

J1リーグ 1stステージ 第13節 仙台スタジアム VS.東京ヴェルディ1969
3-3 引き分け。

今回は何と言っても、マルコスの復帰と山田の引退。
これに尽きるといっても過言ではない。

まず、試合前、山田の引退挨拶。
泣けたねぇ。

J1昇格を決めた財前へのアシスト、鹿島スタジアムでのマルコスへのアシスト、
そして、広島戦での藤吉のVゴールのアシストも山田だったような気がする。
もしかして、山田がいなかったら、J1にも上がれなかったかもしれないし、
J2に降格していたかもしれない。
ありがとう。山田。
決して忘れない。そして、これを1つのステップとして、ベガルタも成長していきたい。
感謝の気持ちを込めて、大声でコールしたよ。

こんな高まる気持ちの中で始まった試合。
ここの所、全然勝っていない。勝ち点を取っていない。
気が付くと順位はずっと下の方、もう何連敗しているのか忘れるくらいだ。
シュートも打たれるけど、打てない。
点は取れないけど、取られる。
勝てる訳が無い。

そして試合開始。
すると前半3分、なんとゴール前でエムボマに頭で落とされ、
それを山田にゴールされ、あっという間に先制される。
イヤーなムードが漂うが、今日はマルコスがいる。
今までは全然得点のにおいのしなかったゴール前のハイボールそしてクロスにも
ゴールのにおいがプンプン臭う。臭いくらい臭う。
すると前半35分。山下が豪快に右足を振り抜いてゴール。
久々の山下のゴール。良かった。もっと積極的に打っていこうよ。

そして後半。
福永out、輝in。
しかし、後半0分、あっという間にヴェルディに得点を許す。
がっくり。

しかし、後半22分とうとう出ました。
ホットライン開通です。輝のクロスにマルコスのヘディングシュート炸裂。
復帰した試合でゴール。マルコスも泣いてました。よかった~。
これで勝てる。もう1点取れる。
そう思っていたら、何と後半42分ファビアーノのクリアミスを平本に決められ、
3-2とされる。信じられない。
試合終了間際に失点。今までの連敗の悪夢がよみがえる。

しかし、後半44分。奇跡が起きる。
シルビーニョのFKをマルコスが落とし、ファビアーノがゴール!!!
クリアミスを帳消しにするゴール。キーパーも全然反応してなかった。

と言う訳で、脅威の粘りで3-3の引き分け。
J2時代の試合終了間際に点を取りまくった時を思い出す感じだった。

3点取ったのだから、勝ってほしかった気もする。
試合開始直前と終了間際の失点。デフェンス陣もっと集中してくれ。
しかし、マルコスが復帰して、ぐっと攻撃力がアップした。
久々に見ていて楽しく、希望が持てる試合だった。

これから、期待していいよね?
スポンサーサイト
  1. 2003/07/19(土) 00:57:27|
  2. Vegalta Sendai
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<また3失点。 | ホーム | サッカーは90分>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://vegaltasendai.blog24.fc2.com/tb.php/22-4f54dfe3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

nor

Author:nor

専門家でもないので、間違い等あるかもしれません。 あしからず。

カウンター

現在の閲覧者数:

最近の記事

カテゴリー

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード