かなり K

ベガルタの観戦記ほか、思った事を適当に。

相手に気持ちで勝っていたのか?(鳥栖戦)

J2リーグ 第17節 2007.05.23 鳥栖戦(A)
鳥栖スタジアム 19:04キックオフ
1-0 負け

試合記録

朝の新聞のスタメン、試合開始前のネットでのメンバー発表で、
今日は点取るのが難しいな。と思いましたが、その通り無得点。

ホント悔しいけど、負けました。
試合後の鳥栖の喜び、インタビューを聞いて、頭にきました。

前半は積極的にプレスをかけて、ボールを支配し攻めるが、決定的なシュートは打てず。
いい流れの前半に得点が欲しかったが、無得点で前半終了。
前半のロペスは、低い位置からおしゃれなラストパスばかり狙って、
通るはずもなくパスカット。
球離れも、キックの精度も悪くイマイチ。
DFに白井が戻り、広大とのコンビ。
DFは大きく崩れる事は少なく、安定した印象。

後半、鳥栖はペースを上げ、対照的に仙台はペースが落ちる。
3日前の徳島戦で走り回った中島も後半は疲れが見え、運動量は落ち、
ウィリアンは前半から運動量がない。
ロペスもほとんど運動量が無くなったが、高めの位置にポジションを取るようになり、
チャンスに絡むがシュートはバーに当たり、得点できず。
前半から高めのポジションでよかったんじゃないかと思った。
77分、鳥栖のシュートがDFに当たってコースが変わり、シュナイダーは反応できず、失点。
その後、3バックにして、前半から動き回っていたリャン、途中交代の田ノ上、関口を中心に攻めるが、
鳥栖を崩せず、そのまま試合終了。

鳥栖の得点シーンそして試合終了後、選手とスタッフは優勝したように喜んでました。
仙台の選手は鳥栖に勝って、あそこまで喜ぶか?
水戸に勝って、どれだけ喜ぶか?

毎年、第1クール終わったあたりから特に感じること。
仙台は「ハングリーさ」っていうか、「モチベーション」が低いんじゃないか?
本当に毎試合勝利を目指しているのか?
本当にチーム全体で、J2優勝、J1昇格を目指しているのか?
十数試合を終えて、毎試合ただなんとなくサッカーしているだけになってるんじゃないのか?
本当に勝ちにこだわって毎試合戦っているか?
たとえ負けても、死ぬ気で戦え!

あっという間に首位とは離されました。
勝ち数も東京Vと同じ。そしてまた連敗。次は強敵山形。
J2で楽に勝てるチームなんてどこもないよ。
勝ちにこだわるチームが見たい。

仙台の選手、スタッフはもちろん必死に戦っていただろう。
でもね、鳥栖の選手が喜んでいるのを見て、インタビューを聞いて頭にきたのではない。
鳥栖に比べて、仙台の選手とチームに勝つ気が見られなかったから、頭にきたのだ。
仙台の選手は頑張っていたのだろうが、
鳥栖の選手とスタッフの勝利への気持ちが仙台よりも上だった感じがする。


スポンサーサイト

テーマ:ベガルタ仙台 - ジャンル:スポーツ

  1. 2007/05/23(水) 22:36:24|
  2. Vegalta Sendai
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<久々にすっきりしたダービー(山形戦) | ホーム | 今、最も仙台を不愉快にさせる笛の音を奏でる男。北村央春。(徳島戦)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://vegaltasendai.blog24.fc2.com/tb.php/196-888e2828
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

nor

Author:nor

専門家でもないので、間違い等あるかもしれません。 あしからず。

カウンター

現在の閲覧者数:

最近の記事

カテゴリー

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード