かなり K

ベガルタの観戦記ほか、思った事を適当に。

やっと崩したミトナチオ。(水戸戦)

水戸1

水戸2

水戸3
↑田ノ上の先制点後
水戸4
↑中島の2点目後
水戸5
↑試合後の選手の挨拶
水戸7
↑田ノ上とベガッ太。
水戸8
↑劇場の開幕を待つシュナイダー
水戸10
↑開幕を待つシュナイダー2
水戸6
↑シュナイダー劇場1
水戸9
↑シュナイダー劇場2
水戸11
↑シュナイダー劇場3

J2リーグ 第12節 2007.04.29 水戸戦(H)
ユアテックスタジアム仙台 13:04キックオフ
2-0 勝利

試合記録

引いて守り、カウンターのみで攻撃する水戸。
11人の選手は自陣に引きこもり、特に前半はスペースもほとんどなく有効な攻撃が出来ない。

後半に入っても、なかなか得点は奪えず、
中島が裏に抜け出して、GKと1対1になるも、決められず。
逆にカウンターから、危ない場面も。
GKシュナイダーの好セーブで何とかなったが、かなり危なかった。
しかし、その直後、ゴール前で萬代が粘り、こぼれ球が左サイドの田ノ上に。
これを田ノ上が冷静に決めて先制。
かなりうれしそうでした。
そして、試合終了間際、中島が、相手DFのクリアミスを逃さず、追加点を奪い試合終了。

試合後は、お立ち台も準備して、恒例となりつつあるシュナイダー劇場となりました。

試合後の田ノ上のコメント。
2度の解雇を経験した田ノ上、非常に謙虚なコメントで
これからもほんと頑張ってほしいと思いました。
欲を言えば、もう少し守備がうまければ最高かな。
でも、足がツルまで頑張り続ける姿勢は胸を打つ。

それから、萬代。
前節の山形でも結果を残せなかった事もあってか、かなり焦っていた様子。
前半もトラップからのキックミス数回。
田ノ上の得点は、萬代の粘りからでしたが、全体的にちょっと空回り気味でした。

そしてロペス。
ちょっと状態下降気味です。
去年と同じようになってきました。
一人で打開しようとしているのでしょうが、ボール持ち過ぎ。
そして、パスの出しどころがなくなる。
また、ラストパスを狙い過ぎ。
プレーゾーンも低い。
もう少し、ワンタッチ、ツータッチで周りを使い、もっと前でプレーしてほしい。

カウンターのみの水戸にも守備は今ひとつの印象。
もっと精度のあるFWがいたら、やられたかもしれません。
白井の抜けたチャンスに答える事の出来なかったDF陣には、もう少し頑張ってほしい。

次、京都、そして、札幌。
ゴールデンウィークに山場を迎えます。
スポンサーサイト

テーマ:ベガルタ仙台 - ジャンル:スポーツ

  1. 2007/05/01(火) 20:42:52|
  2. Vegalta Sendai
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<2007年シーズン、12戦にして初黒星(京都戦) | ホーム | 平日、雨のみちのくダービー。(山形戦)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://vegaltasendai.blog24.fc2.com/tb.php/190-57b80d71
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

nor

Author:nor

専門家でもないので、間違い等あるかもしれません。 あしからず。

カウンター

現在の閲覧者数:

最近の記事

カテゴリー

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード