かなり K

ベガルタの観戦記ほか、思った事を適当に。

歴史に残る試合(糞審判) 東京V戦

J2リーグ 第20節 2006.06.07 東京V戦(A)
国立競技場 19:04キックオフ
2-0 負け

試合記録

2001年J2リーグ31節大分戦、今も忘れはしない、
そして今後も語り継がれるであろう糞審判恩○による、糞試合。

今宵、ここに復活。
この試合も、今後語り継がれるであろう歴史的糞審判による糞試合。
鍋○、この名前忘れません。

PK、2回もやり直し。たぶん、東京Vが得点するまでやり直しだったのでしょう。
しかし、2回もPK止められた東京Vのキッカー誰だよ。
1回止められた時点で、素直にもうあきらめろよ。

それから、ベンチの小針。切れまくってたね。
ベンチで退場って、森勇介バリですが。
GKだから、高桑の気持ちもわかったのかもしれないけど。。。
でも、そのくらい気持ちがあるなら、
もうキャッチミスも、3点も取られることも無いよ。きっと。

仙台のブラジル人に対するファール(ユニフォームの引っぱり)はことごとくスルーされ、
試合終了間際のボルジェスに対するPA内でのプレーに対してもPKを取らず。

もう、仙台に退場者が出て、白井が負傷退場した後の試合後半はぐだぐだ。
サッカーにならない。
すべてをぶちこわした審判。

東京V、審判にいくら渡したんでしょう?(と思いたくなる)
効果的なお金の使い方です。

まあ、ラッキーなことに、次節はお休み。
選手皆さんには、さっさと気持ちを切り替えてがんばってもらいましょう。
まだまだ今シーズン先は長い。

しかしね。サッカーをやるのは選手。
選手より審判が目立ってどうする?
恩氏、野田、そして鍋島目立ち過ぎです。
やっぱり、こんな審判のもとでサッカーやってたら、日本サッカーに未来はないな。
レベルも上がらないよ。
ほんと、みんな海外でサッカーした方がいいかもよ。

でもね。2001年と同じにおいがプンプンする。
さっき、友人とも話したのですが、こりゃ、きっとうちら昇格するな。

と思ったら、今宵の副審、恩氏だったのね。(どちらのサイドかは、知りませんが。。。)


しかし、むかついて、悔しくて眠れねぇ。
昨日は雷で眠れネェし。
今も酒飲みながら書いてます。
もうちょっと飲んで、なんとか寝ましょう。

日本サッカーの聖地と呼ばれる国立競技場に鳴り響く「八百長」コール。
こんな試合にしてしまう審判、ある意味すごいわ。
まあ、俺らにとっての聖地は国立競技場なんかじゃなく、仙スタですがね。

スポンサーサイト

テーマ:ベガルタ仙台 - ジャンル:スポーツ

  1. 2006/06/08(木) 00:49:18|
  2. Vegalta Sendai
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<白井、アキレス腱裂 | ホーム | GOAL! (映画)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://vegaltasendai.blog24.fc2.com/tb.php/117-2ce51691
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

nor

Author:nor

専門家でもないので、間違い等あるかもしれません。 あしからず。

カウンター

現在の閲覧者数:

最近の記事

カテゴリー

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード