かなり K

ベガルタの観戦記ほか、思った事を適当に。

勝利への鉄則:先制点→カテナチオ(東京V戦)

04.18東京V


04.18東京V-2


J2リーグ 第10節 2006.04.18 東京V戦(H) 
ユアテックスタジアム仙台 19:06キックオフ
3-0 快勝

試合記録

久々の快勝。
課題はたくさんあっても3-0。
やっぱり気持ちいい。

試合開始直前、アウェー側ゴールネットの不具合で試合開始が遅れる。
審判は試合開始前にピッチを回って、チェックしているはずなのに。。。

前半、前節に引き続きチグハグな攻撃。
チアゴは相変わらずボールがさばけず、周りの選手との連携もイマイチで
囲まれてはボールを奪われる。
ヴェルディの攻撃はチアゴから。
完全にスランプですね。チアゴ。
リャンがやっとスランプ抜けたと思ったのに。。。

ヴェルディはショートパス、サイドチェンジを織り交ぜて攻め上がり
なかなかの攻撃をみせるが、カテナチオ仙台はゴールを許さない。

そんな中、前半も終了かと思ったロスタイム。
リャンの豪快な左足のシュートがゴールに突き刺さりました。

すると、後半、仙台は完全に引き始め、カウンター狙い。
ヴェルディが攻撃的に出てくると、仙台のブラジル人も活きてくる。
すると55分、ボルジェスが裏に抜け出し、GKの股下を抜いてゴール。

ちょうどこの頃、相手ベンチをみると、熱い監督は興奮気味。
そこで「落ち着けラモス」コール。
気持ちよかった。(これで勝負あり!な感じ)

ヴェルディはさらに選手交代も行い攻撃的に。
しかし、仙台のカテナチオは固く、カウンターは冴え、
78分いままで散々だったチアゴがゴール。
チアゴはもはやパスを出すことができず、サッカーを展開することができないので、
FWにして、シュート打たせておいた方がいいような。。。

ということで、3-0で勝利でしたが、
先制点の重要な仙台にとって、先制点を取るまでのサッカーになかなか進歩がなく、
攻撃は相変わらずチグハグ。
とりあえず、今のところ仙台カテナチオがかなり固いので、
負けていませんが、早急に改善が必要。
それに、チアゴと周りとの連携も早急に改善が必要。
チアゴはボールを失い過ぎです。

次節のダービーはボルジェスが出場停止。
ボルジェスのいない初めての試合になります。
どうなることか。
萬代、ロペスの2トップか、萬代、中島の和製2トップで4-4-2か?

誰が出ようと、システムがどうであろうと、ダービーは負けられない。
調子づいてきている相手に絶対勝つ!

スポンサーサイト

テーマ:ベガルタ仙台 - ジャンル:スポーツ

  1. 2006/04/19(水) 01:06:31|
  2. Vegalta Sendai
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<気持ちいい~!!!(ロペス、ローペス。ロペス、ローペス。ロペス、ローペス。・・・(アゲ♂アゲ♂EVERY☆騎士調で):試合内容とは関係ありません。) | ホーム | 監督の引き出し(横浜戦)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://vegaltasendai.blog24.fc2.com/tb.php/103-a92bfc0f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

nor

Author:nor

専門家でもないので、間違い等あるかもしれません。 あしからず。

カウンター

現在の閲覧者数:

最近の記事

カテゴリー

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード